モンチ家のワーママスタイル工事中

生後6ヶ月で復職!ワークライフバランス追求中

コロナウイルス流行で結婚式欠席はあり?欠席する時の対応とは

連日新型コロナウイルスの流行が報じられ、不安な日々を過ごしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。日用品の買い占め、イベント自粛など、社会的にも大きな影響を及ぼしています。そんな自粛モードの中、結婚式に招待されていましたが、赤ちゃんを育てている身として出欠にとても迷いました。最終的には欠席させていただいたのですが、同じようにお悩みの方の参考になればと思い、対応策を記事にしました。

 

 

そもそも結婚式を決行するのか?

政府からイベント自粛要請が出ている状況で、結婚式を中止するカップルも少なくありません。中止に至らなくても、親族のみに縮小する場合もあります。しかし、結婚式本番が目前で、高額なキャンセル料がかかってしまうため、決行せざる得ない状況もあるのです。結婚式保険に入っていれば、近親者の不幸や新郎新婦の病気はカバーできますが、今回のような「感染リスクの回避」では一般的に保険は適用されません。新郎新婦も苦渋の決断を迫られているのです。

 

決行の場合は出席すべき?

決行される場合であっても、会場にアルコールを設置したり、マスク着用OKにしたりと、感染対策が検討されています。そのかいあってか、現時点で結婚式が感染現場になったという報告はありません

私が招待されていたのは会社の同僚の結婚式だったので、仮に欠席したとしても、他の出席者と会社で遭遇するため、感染リスクは出欠にかかわらず同じだと考えられます。ならば、楽しみにしていた結婚式なのだし、盛り上げるためにも出席しよう!最初はそう思っていました。

 

もしかかったら?を想像してみる

新型コロナウイルスは高齢者や基礎疾患のある方が重篤化しやすいと言われています。潜伏期間が長く、その間にも感染を拡大させてしまう可能性があるので、自分が重篤化しなくても、重篤化しやすい人にうつしてしまうリスクがあります。赤ちゃんの感染リスクが高いという情報はありませんが、特効薬のない新型ウイルスにかかって苦しむ子供の姿は絶対に見たくありません。

式の1週間前に、同僚の新婦から「小さいお子さんがいらっしゃるので、不安な場合は遠慮なく欠席してください」とご配慮の連絡をいただきました。この時まで出席するつもりでいたのですが、「もし子供にかかったら?もし重篤化してしまったら?」と改めて考えました。そして、もし子供に感染して重篤化してしまったら、出席したことを間違いなく後悔するし、新婦にとっても一生に一度の大切な日の思い出が後味の悪いものになってしまう、と気付きました。

 

欠席する時の伝え方

欠席する時は当然ですがお詫びを伝えます。タイミングによりますが、招待状やペーパーアイテム、引き出物など、新郎新婦はゲストのために様々な用意をしてくれています。その気持ちをくみましょう。そして、欠席理由は素直に伝えることが理解につながります。感染リスクへの不安であること、結婚式を大切な日の良い思い出にしてもらいたいこと等を伝えます。その上で、お祝いの言葉、新型コロナウイルス騒ぎを労う言葉を添えると良いです。

欠席する場合は、なるべく早い段階で連絡しましょう。新郎新婦にとっては準備が進む前の方が手間が少ないですし、キャンセル料は日取りが近くなるほど高くなります。

伝える時は、直接会って話すのが最も誠意が伝わりますが、難しい時は電話、電話も難しい時はメールやLINEで伝えましょう。筆者を招待してくれていた同僚の新婦は海外出張中だったので、LINEで欠席を伝えました。

 

大丈夫!お祝いの気持ちを別の形で伝えることも可能

ご祝儀は贈りましょう

結婚式を欠席する場合でも、ご祝儀を贈るのが望ましいとされています。望ましい金額は、新郎新婦との関係性や欠席を伝えるタイミングによって様々です。基本的には、出席する場合のご祝儀から、飲食代や引き出物代を引いた1/3〜半分程度とされています。直前の欠席連絡の場合は、料理や引き出物のキャンセルが間に合わないので、出席する場合と同等額を贈るのがマナーです。とはいえ、今回の新型コロナウイルスにまつわる対応は式場により異なりますが、キャンセル期限が延長されている場合もあります。筆者の場合は新婦から「キャンセル料は式場に配慮してもらったので気にしないで下さい」とご配慮いただきました。ご祝儀については、以下のサイトも参考にしてみてください。

【結婚式に欠席する場合】ご祝儀の金額や現金の渡し方をケース別で解説|マイナビウエディングPRESS

 

祝電は欠席でも結婚式会場を盛りあげられる!

コロナ騒動がなければ、楽しみにしていた結婚式。欠席でも会場を盛り上げる方法があります。それが祝電(電報)です。比較的直前の手配でも間に合いますし、結婚式当日に新郎新婦の元に届きます。最近では、ぬいぐるみ電報やバルーン電報など、会場に花を添えられるタイプの電報もあるのでおすすめです。このタイプの電報は、飾り付けに間に合わせるために結婚式前日までに届くようにしておくと安心です。

 

 

 

お祝いの気持ちが伝わりやすいプレゼント

お祝いの気持ちの伝え方として、ご祝儀にプレゼントをそえるのはいかがでしょうか。新郎新婦のことを考えて選んだプレゼントは、お祝いの気持ちが伝わりやすいです。もし同じコミュニティで欠席者が数名いる場合は、グループでプレゼントを贈る方法もあります。プレゼントの予算が増えて、豪華な物を選べます。筆者は欠席を決断した同僚と一緒にご祝儀にプレゼントを添えてお渡ししました。欠席のお詫びを改めて直接お伝えして渡したかったので、プレゼントはかさばらないようにコンパクトなカタログギフトにしました。グルメカタログは人と被っても問題なく、趣味を問わず楽しめますし、食べたい時に注文可能なのでおすすめです。

 

結婚式当日の写真を見た感想

結婚式当日に向けて、新婦は何度もドレスを試着して選んだり、エステに通ったりと気合を入れています。結婚式当日は多くの人に披露したかったのが本心ではないでしょうか。是非、結婚式当日の写真を見せてもらって、感想を伝えてあげましょう。コロナ騒動で結婚式中止を訴える人もいる中での開催は不安だったと思います。それでも、一生に一度の結婚式。素敵な思い出にしてもらいたいですね