モンチ家のワーママスタイル工事中

生後6ヶ月で復職を目指す!ワークライフバランス追求!

家中まるっとお掃除ができる♬「ルンバ980」購入レビュー

ロボット掃除機の購入レビューです。 お掃除効率化ご検討中の方、ご参考までにご覧ください。

 

 

ロボット掃除機の購入経緯

 

みなさん、1番嫌いな家事はなんですか?

出産前の共働き時代、家事の中で最も後回しになっていたのが部屋の掃除でした。

理由は簡単、ダメージが一番少なかったからです。

 

 洗濯⇨やらないと服がなくなる

 食器洗い⇨やらないと食器がなくなる

 料理⇨やらないと買い食いになってお金がなくなる

 掃除⇨やらなくても生きていける(⇨カット!!)

 

出産してからは心を入れ替え、かわいい我が子がアレルギーや喘息にならないよう一生懸命お掃除しています。もちろん復職してからも掃除は続けていきたいです。しかし、これまでなかった育児に加えて、産休前にやりきれていなかった掃除を続けていくのは言うほど簡単ではなさそうです。

 

そこでモンチ家では清掃員として、ロボット掃除機を購入することにしました。

 

ルンバ980を選んだ理由

 

ロボット掃除機に求めるスペックとして以下が必要でした。

 

  1. すべての部屋(2LDK)を掃除できる
  2. 強い吸引力
  3. 外出先から操作できる or タイマー機能

 

すべての部屋(2LDK)を掃除できる


ロボット掃除機は安いものだと1万円台から存在します。モンチ家では初めてのロボット掃除機購入だったため、様子見も兼ねて安価なエントリーモデルの製品から検討しはじめました。しかし、立ちはだかったのが清掃範囲。安価なエントリーモデルの製品は、ランダム清掃で1部屋しか掃除できないものが大半だったのです。今回購入する1台で2LDKすべての部屋の掃除を完了したかったため、複数の部屋を掃除できる「マッピング機能」搭載製品を選ばなくてはいけないことがわかりました。
 


 強い吸引力


ロボット掃除機は、キャニスター型やスティク型と比べて吸引力が弱く、あくまで掃除の補助というイメージがありました。とはいえ、復職後はロボット掃除機1台で赤ちゃん部屋までしっかり掃除て欲しかったため、極力吸引力に定評があるタイプの製品を探していました。

 外出先からのリモート操作機能 or スケジュールタイマー機能


 購入サイトのレビューを読んでいて気になったのが、ロボット掃除機の音です。キャニスター型やスティック型と同等の騒音が出るということを知りました。さらに、ロボット掃除機は、壁や物にぶつかりながら何度も行き来することで、隅々まで掃除していきます。そのため、キャニスター型やスティック型以上に清掃時間がかかるので、長時間に渡り掃除機の音が響き渡るということになります。マンション住まいでは、朝や夜は掃除などの騒音は極力避けるのがマナーなので、復職後は不在時の日中に掃除してもらいたいところです。そこで、外出先からスマートフォンで操作できるリモート操作機能かスケジュールタイマー機能が必要でした。

 

「ルンバ980」 VS「 ECOVACS DEEBOT OZMO901」

 

上記条件でたどり着いたのが、下記2製品。

 

  

 

大きな違いは、ズバリ価格。ルンバ980が9万円程度なのに対し、ECOVACSは4万円程度です。 倍近い値段の違いは日本におけるブランド力ではないかと思います。(後からわかりましたが、ECOVACS社も世界的には有名なメーカーみたいです)

いずれにせよ結構な出費なので失敗したくない・・という想いのもと、レビュー数の多かったルンバ980を購入しました。

ECOVACSもレビュー数は少ないものの、マッピング機能や吸引力などの評価内容は上々でした。おまけ機能程度との評価が多かったですが、水拭きもできるので、こちらの方がお買い得だったかもしれません。

 

1ヶ月使用後の感想

ルンバ980、有能でした・・・! 

マッピング機能、バーチャルウォール

アプリでルンバを登録すると、外出先から操作できるほか、清掃した場所を確認することができます。清掃後に清掃エリアを確認すると、ほぼ間取り通りになっており、隅々まで掃除してくれたことがわかりました。清掃したくないエリアは、バーチャルウォールという機器をおいて区切ります。バーチャルウォールで清掃禁止エリアを区切ったときに、清掃して欲しい場所にまで入ってこれなくなるケースもありましたが、位置を微調整したら問題ありませんでした。

 

清掃能力

スティック型で清掃した時と同等の埃が取れており、遜色ありませんでした。ただ、キッチンのキッチンマットは薄くて軽いということもあり、上手に乗り入れられず、巻き込んで事故にあってしまいました。ルンバが清掃できなくなると、アプリから「ルンバが助けを呼んでいます」と通知が来ます(笑)。ちなみに、玄関の5cmほどの段差は、バーチャルウォールなしでも、段差を感知して落ちませんでした。また、ベッドやソファの下は、潜り込んでお掃除してくれるので、スティック型で頑張ってかき出すより、隅々まで綺麗になっている印象です。

 

外出先からの操作

問題なくできました。娘との散歩に行くときにセットするのですが、セットし忘れても外出先から操作できて便利です。復職後はスケジュール機能を使って日中定期的に掃除してもらおうと思います。

思わぬ収穫・・床に物を置かなくなった!

ルンバのお掃除を邪魔しないために、私も夫も床に物を置かなくなりました。床に物がないだけで、だいぶ散らからないということを実感しました。これからハイハイし始める娘のためにも、この習慣は思わぬ収穫になりました。

 

まとめ

初期投資として決して安くはないですが、忙しくなっても赤ちゃんが安心して過ごせるお掃除された部屋をキープする上で、力強い味方になってくれると思います。是非一度ご検討くださいませ。