モンチ家のワーママスタイル工事中

生後6ヶ月で復職を目指す!ワークライフバランス追求!

スタジオアリスをフル活用!お宮参りの1日

赤ちゃんにとって初の外出イベントになることも多いお宮参り。小さい時のお出かけ写真をきちんと撮って残せる希少なチャンスです。筆者はスタジオアリスをフル活用して、素敵な思い出を作れました。そんな1日を費用とともにご紹介します。

 
 

スタジオアリスのおすすめポイント

子供専門のカメラマン

生後1ヶ月ほどで行うお宮参り。赤ちゃんはまだまだぼーっとしているか泣いていることが多いです。とはいえ、この時期だけの小さい赤ちゃん時代を笑顔で残したいですよね。スタジオアリスは子供専門の写真スタジオです。カメラマンは瞬間的に笑顔を引き出し、捉えてくれますので、家でもなかなか撮れない笑顔をしっかり残せます。
ギャン泣きだった我が子を担当してくれたカメラマンさんは、くちびるをブルブルブル〜っと震わせて、音に気を取られて泣き止んだ赤ちゃんを、さっと取り出した人形で笑顔にして、すかさずシャッターを押していました。すごすぎる…!ちなみにくちびるブルブル〜は赤ちゃん泣き止ませテクニックとして、その後真似してやっています。
 

レンタル衣装を持ち出せる

お宮参りの撮影で予約すると、お宮参り用の産着をレンタルできます。しかも持ち出しOKなので、神社での祈祷にも着ていけるのです!レンタルは商品1万円以上購入で、持ち出しは撮影翌日昼12時までに返却が条件になっています。撮影衣装とレンタル衣装が異なる場合もあるので、気になる場合は事前にお店に確認するのをおすすめします。
筆者は親戚から産着を借りることもできました。産着は七五三用に仕立て直して着ることもできるそうです。親戚の産着も七五三用に仕立て直されていたので、再度お宮参り用に仕立て直す必要があり、それだけでも1万円ほどかかることがわかりました。立派な産着でしたが仕立て代にお金をかけるなら、写真をたくさん注文したいし、親戚からの借り物を汚さないように気を使うのも心配だったので、今回はスタジオアリスを利用することにしました。
ちなみに仕立て直しは着物店に依頼できますが、入りにくければデパートのテナントだとハードルが低くなると思いますし、ネットでも注文できるようです。仕立て直す場合は、お店によると思いますが、2〜3週間程度かかるので、計画的に依頼しましょう。

スタジオは動画撮影OK!

スタジオアリス内ではスマートフォンやデジカメでの写真撮影は禁止です。でも動画撮影はOKなんです。
かわいい衣装を着ながらギャン泣きする赤ちゃんの様子や、あやしてもらいながら笑顔になっていく様子を動画で残しておくと、オフショットムービーのようになり、これはこれで良い思い出になるので、撮影しておくのをおすすめします!
実は動画から静止画を切り出す加工アプリもあるので、スマートフォンに残す程度の写真であれば動画から作れますよ。
動画のコマを写真に

動画のコマを写真に

  • Nekomimimi
  • 写真/ビデオ
  • 無料

apps.apple.com

お得にデータを貰える裏技

スタジオアリスでは撮影料3000円一律で、たくさん写真を撮影してもらえます。そして撮影した写真から商品として購入するものを選びます。
せっかくなのでメールやSNS添付用、バックアップ用にデータとして購入したい、と思うと1枚3000〜5000円します。しかし、購入商品のデータは1年経つと、ダウンロードデータ400円、CD‐ROM600円で購入できるのです。ただし、商品として注文しなかったデータは破棄されます。つまり、たくさんのショットをデータとして1年後に購入したいときは、まず商品を注文してデータを残しておく必要があります。
データを残す用の安価な商品として、クリアキーホルダー800円を勧められると思いますが、筆者のおすすめはポストカードです。1ショット10枚1000円。キーホルダーより高いですが、自宅で写真の様に飾ったり、実家に送ったり、内祝いのお礼で手紙を書いたり、実用的だと思います。積極的には勧められなかったので、尋ねてみてください。
 

各種クーポンをチェック

スタジオアリスでは、マタニティセミナーに参加するとマタニティフォトを無料で撮影してもらえます。ホームページに明記されていないので確認していただきたいのですが、筆者はマタニティセミナーでお宮参りの時に使える撮影料(3000円)無料クーポン、マグネット、ベビーシャワーブック(オリジナル台紙用写真)のプレゼントをゲットしました。メルカリなどのフリマアプリにも各種クーポンが出品されているので、チェックしてみてください。

 

お宮参りの1日(スケジュール)

10:30〜12:30 スタジオアリスで撮影

産着とドレスをお借りして親子3人で撮影しました。希望すれば一律撮影料の中でさらに衣装を借りて撮影することも可能でしたが、うっかり買いすぎてしまうのでここは我慢!
日曜日のスタジオは盛況で、お宮参り撮影3組、その他の撮影2組ほどで、入れ替わり撮影していきます。衣装チェンジ後しばらく待たされたので、機嫌をとるおもちゃなど持参すると良いと思います。
撮影したら写真セレクトと商品注文。我が家の注文は以下の通り。
 
四切写真 3ショット 5,900円×3=17,700円
(産着1ショット、産着親子ショット(座り姿)、ドレス1ショット)
ポストカード 2ショット 1,000円×2=2,000円
(産着親子ショット(立ち姿)、ドレスお昼寝アートショット)
撮影料(無料クーポン使用)3,000円⇨0円
合計 19700円(税抜)
 
苦労して撮った写真、かわいい我が子、、決して安くないのについついたくさん注文してしまうので、欲しい商品のイメージと予算を心に強く刻んでいくことをおすすめします笑。
 

13:00〜14:30 昼食&休憩

両家の祖父母と自宅で合流。仕出し弁当を注文して、お家で昼食をとりました。午前中の撮影の様子が話題になり、さっそくスタジオで撮った動画をお披露目しました。赤ちゃんは午前中の疲れを自分のベッドでお昼寝して回復。
 
ちなみに仕出し弁当は下記サイトで注文しました。

www.kurumesi-bentou.com

 
弁当1,500円(税抜)×6=9,000円
 

15:00〜15:30 地元の神社でお宮参り

事前にご祈祷を予約した地元の神社へ移動。地元の神社なので、抱っこ紐で歩いて行きました。祈祷料は御祝儀袋に包んでお渡しします。そしてスタジオアリスで借りてきた産着に着替えていざご祈祷。我が子の健やかな成長をお祈りします。祈祷後にお札やお食い初めの時に使えるお箸や赤飯の素を頂きました。ちなみにスタジオでお借りした産着は赤色でしたが、持ち出しは別のピンクの産着になり、個人的には2タイプ着せられて嬉しかったです。
 
祈祷料10,000円
 
レンタル衣装は翌日12:00までに返却しました。
 

まとめ(費用合計公開!)

写真撮影  19,700円(税抜)

昼食(お弁当)9,000円(税抜)

祈祷料 10,000円

--------------------------

合計 38,700円 

 
予算40,000円におさまりました!(税込だとちょっとはみ出ました汗)。撮影と祈祷を別日にするのも手でしたが、2日に渡って正装して赤ちゃんを外に連れ出すのが難儀だったため、まとめてしましました。昼食を外食ではなく自宅でお弁当にしたことで、費用を抑えられましたし、赤ちゃんもしっかり休憩ができたので、問題ないスケジュールでした。とってもいい思い出になりました。お宮参りのご計画の参考にしてみてください。