モンチ家のワーママスタイル工事中

生後6ヶ月で復職!ワークライフバランス追求中

生後6ヶ月で復職!イライラしないメリハリ生活スケジュール

生後6ヶ月を迎えたこの秋、ついに復職いたしました!育休明けから約1ヶ月がたって1日のスケジュールが出来てきたので、意識していることや反省点とともにご紹介させていただきます。 

 

クリティカルポイントと優先順位

復職してから意識していることは、絶対外せないクリティカルポイントの設定と優先順位をつけることです。

育休中に家事と向き合って感じたことは、「家事に終わりはない」ということ。

例えば掃除。家中の汚れなんて探せば無限に出てきます。床はもちろん、キッチン、お風呂、トイレ、エアコン、換気扇、窓、玄関、、赤ちゃんがいれば可能な限り綺麗にしておくべきだとは思いますが、時間は有限。特に復職後は家事に充てられる時間が少なくなります。

「終わらない家事」にイライラしたり、家事の疲労を仕事に持ち込まない工夫として、クリティカルポイントと優先順位を考えながら、限りある時間内に割り振っていくことで、メリハリのある生活を心がけるようになりました。

 

絶対外さない!クリティカルポイント

リビングリセット 

朝はリビングの床、テーブルからおもちゃや服などをすべて一旦片付けるようにしています。数日散らかり続けるとそれに慣れてしまい、片付けが億劫になってしましますし、赤ちゃんの口に入ったら困るものが紛れてしまう怖さがあります。1日1回片付けることで、安全チェックになりますし、ある程度の綺麗をキープできて気持ちよく過ごせます。お掃除は床に何もない状態で、日中ルンバにお任せしています。

寝る時間は削らない

21:00台に赤ちゃんと一緒にベッドに入って22:00には寝るようにしています。時短勤務なので、会社でも限りある時間内に集中して仕事に取り組みたいですし、赤ちゃんを抱いての通勤で体力も消耗します。家事が残ったとしても、睡眠時間を削ると翌日のパフォーマンス低下によるダメージの方が大きいと判断し、切り上げています。寝る前はベッドで一緒にゴロゴロ遊んだり、絵本を読んだりするふれあいタイムにしています。日中ずっと一緒にいれなくなった分、「今日1日頑張ったね!」と思いっきり甘えさせてあげます。ただ、0歳児の寝る時間として21:00は遅いので、あと1時間なんとか前倒し出来ないかと検討中です。

 

 迷ったら思い出せ!優先順位

終わらない家事、迫り来る時間、突然ぐずる赤ちゃん・・何かと予定が狂ってしまいがちな時に迷わずテンポよく進めていくために意識している優先順位。

 

その1、時間がかかるものをとにかくスタート

 

朝起きたら、

湯船にお湯取りホースセット➡︎洗濯機ON。

炊飯器にお米と離乳食のおかゆをセット➡︎炊飯スタート。

 

帰ってきたら、

お風呂掃除➡︎お湯張りスタート。

 

家電はできるだけタイマーを使いたいところですが、主人がお風呂に入って夜ご飯を食べる前に寝てしまうため、お湯取りホースのセットやご飯セットのタイミングが朝になるので手動スタートになっています。

 

その2、すぐに出勤できる状態にする

朝、前日の家事が残っていたりすると気になってしまうのですが、赤ちゃんはいつ起き出し、どれくらいぐずるか読めません・・なので、すぐ飛び出していける状態を作ります。

 

夜、出勤用のカバンと服を用意。

 

朝、とにかく顔を仕上げる(メイク)。

 

服はメイクが終わったら着替えていたのですが、オムツ替えで汚してしまう失敗をしたので、上着を着る最後のタイミングで着替えるようにしています。

 

その3、赤ちゃんがぐずったら一旦ストップ

お呼びがかかったら一旦手を止め、授乳やオムツ替えをします。いくら時間がなくても、泣かせっぱなしにするよりは、一旦相手をした方が泣き止んでくれる可能性があるので、手を止めます。泣き止んでくれたらラッキー。泣き止まない時は、時間の許す範囲であやし、どうしても時間がない時はおんぶかバウンサーに移行します。泣くのは何かを訴えているので、相手をしてあげるのは当然といえば当然ですが、何かをやっている最中に泣かれた際に、きっぱり割り切って中断できるように優先順位として意識するようにしています。

 

 1日のスケジュール

 具体的な平日1日のスケジュールのご紹介です。

 

5:30〜6:10 起床

前日の家事の残り、体調などに合わせて起床時間は幅をもたせています。

 

起床〜6:30 マストタイム 

クリティカルポイント、優先順位の高い項目をこなします。

洗濯機ON(干すのは主人担当)

炊飯器ON(離乳食のおかゆもセット)

リビングリセット 

洗顔、メイク、出勤準備

 

6:30〜6:45 調整タイム

前日やり残し家事(洗い物などのキッチンリセット、洗濯たたみ等)

ゴミ出し

なければそのほか掃除(トレイ、洗面所等)

 

6:45〜7:10 モーニングタイム

朝ごはん

搾乳(冷凍母乳用、朝は比較的溜まっているので時間があれば搾っています)

 

7:10〜7:30 赤ちゃんの身支度

朝がのんでいなければ授乳

オムツ替え

お着替え 

 

7:30〜7:45 赤ちゃんと出勤

身支度にかかる時間により、どうしても家を出る時間は前後してしまうので、余裕を持ってスケジューリングしています。

出勤途中で赤ちゃんを預け先に預けます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

9:00〜16:00 会社でお仕事

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

17:45頃 赤ちゃんと帰宅

 

17:45〜18:15 

風呂掃除、お風呂セット

洗濯物取り込み 

授乳

 

18:15〜19:30

料理➡︎夜ごはん

このあたりで黄昏泣きし出すので、なかなか家事が進みません。バウンサーかおんぶに移行することが多いです。

 

19:30〜20:30頃

お風呂

主人が帰っている場合はお風呂から上がった赤ちゃんの受け取りをお願いします。帰ってこない場合は、ワンオペ風呂です。ワンオペ風呂は慌ただしくて大変なので、帰ってきそうな時はちょっと待ってしまいます。

 

20:30〜21:00

食器洗い、キッチンリセット

洗濯物たたみ

翌日の会社の準備

 

21:00〜22:00

赤ちゃんとゴロゴロしながらふれあいタイム➡︎就寝

 

復職1ヶ月の感想

 睡眠時間を確保しているので、フラフラ、ということはありませんが、抱っこ紐通勤やおんぶでの家事があるため、足腰は結構疲労が溜まります。疲れている中、主人は困っていても積極的に何かをやってくれる訳でもなく、自分の趣味に打ち込んでいたりするので、多々衝突しました。とはいえ、赤ちゃんの前で喧嘩するのはよくないと思い、最低限やってほしいこととして、洗濯物を干すことと、お風呂からの赤ちゃんの受け渡しだけお願いすることにしました。自分でも終わらない家事にイライラしないように、今回ご紹介した「クリティカルポイント」「優先順位」を決め、調整タイムで片付けることにしました。また、離れている時間を少しでもフォローしたくて、赤ちゃんとのふれあいタイムも確保しました。

 

まだまだ手探りで、改善すべき部分もありますが、同じように悩んでいる方や、これからの復職に不安を感じている方に、少しでも参考としていただけますと嬉しいです。